【Renoise】ループ・サンプル素材をBPMに合わせる方法【擬似シンク・完全版】

Renoise

こんにちは、ルノです。

Renoiseで役立つ便利なテクニックをまとめて発信するブログを運営しています。

  • DTM歴7年目(2013年から)
  • 2019年10月、ドイツ・ベルリンに開発拠点を置くRenoise公式アーティストに認定
  • 現在は、サウンドプロデュース業を中心に活動をしている。
  • その他Renoiseでの操作方法や技術を発信しつつ、メンター業も並行して行っている。

今回の解説対象者ですが、

Renoise “LPB(Line Per Beats: ライン・パー・ビーツ)” この数値“16” (1拍分を16ラインで細分化)に設定されている方を対象とします。

ご注意ください。

LPBとは

1拍分をプレイカーソルがどれくらいの長さで進むか設定する項目です。

スポンサードサーチ

今回この解説で得られる、メリット。

RenoiseではサンプリングCDを多く取り入れる音楽スタイルが多く存在します。

中でも“ループ・サンプル素材”を多く使用している方にとって、BPMとの連動は必要になるでしょう。

  • ループ・サンプル素材再生速度であるBPM(テンポ)を測る必要なしにサンプル・コマンドを使うことで、
    Renoise “BPM” に、 “完全に同期” させることができる。

ループ・サンプル素材とは

様々なリズム楽器を、“1小節(例外として1拍や2拍分もあります)”“2小節”“4小節”“8小節”“16小節”一塊りにして纏めた物のことを言います。

例として、パーカッション系リズムや、ハウスビートハイハット・ループドラムのフィル、等が挙げられます。

ループ・サンプル素材 自体には通常、
決まった再生速度(BPM・テンポ)設定されています。

その再生速度となる “BPM(テンポ)”数値下記の一例の様に、サンプリング素材そのものに表記されている場合があります。

たとえばこのように、

“sample_xx_bpm130.wav”

となる場合はループ・サンプル素材速度が、
“テンポ(BPM)・130” で再生されることとなります。
(注意: 必ずしも、上記の様な表記ではありません)

しかし中には、ループ・サンプル素材自体にBPM表記されていない不親切な場合” もあるのです。

たとえばこのように、“sample_xx.wav”、となっている場合、
“テンポ(BPM)”不明ですね。
(注意: 必ずしも、上記の様な表記ではありません)

このような、ループ・サンプル素材の場合は、自力でBPMを測るしかありません。

手動でBPMを測る方法がありますが、とても面倒です。

怠け者ブロガー「BPMが表記されてないよー!。どうやって調べればいいのかなぁ。」

そのため、ループ・サンプル素材BPMが把握できないまま入力をすると、
そのループ・サンプル素材Renoiseの楽曲のプロジェクトで設定したBPMと違う場合“必然的メトロノームカウントともズレて再生されてしまう” のです。

試しに、ループ・サンプル素材を使い、RenoiseメトロノームONにして音声で確認してみましょう。
メトロノーム

以下のループ・サンプル素材を用意しました。

メトロノームOFF(適用前)の状態で確認してみます。

メトロノームON(適用後)テンポ(BPM)“BPM80” で確認することとします。

メトロノームのカウントと、ループサンプル素材の速さズレていることが確認出来ますね。

また、先程触れたループ・サンプル素材そのもののBPM把握出来ていたとしても
Renoise設定しているBPMに、そのループ・サンプル素材BPM合わせなければ必然的ズレてしまいます。

問題点

ループ・サンプル素材BPMが表記されていない場合、そのループ・サンプル素材BPMRenoiseのプロジェクトBPM合わせる必要があります。

またループ・サンプル素材BPMが表記されている場合であっても、ループ・サンプル素材速度を、Renoise側BPMと連動させない限り “崩れて再生されてしまう事” となります。

スポンサードサーチ

擬似シンク方法

この問題を解決させるために、最適な方法の一つをご紹介します。それは、
“0Sxx(trigger sample slice number xx or offset xx)コマンド” を使用した、
応用的なテクニックである、「 “擬似シンク方法” 」 です。

  • 「擬似シンク方法? なにそれ美味しいの。」

そう思われた方もいるとおもいます。

先程までメトロノームのカウントとズレが生じていた”ループ・サンプル素材”もこのようにテンポ(BPM)と合致して再生してくれます。

  • 「コマンド… なんだか難しそう」
  • 「コマンドってなんかだるい…」

こんなお悩みを持っている方だからこそ、「”擬似シンク方法”」 を覚えることで、サンプル・コマンドへの抵抗も減らす事が出来ます。

  • メリット①: 16進数がわかる!
  • メリット②: 不思議なリズムパターンを生成することが出来る。
  • メリット③: サンプル・コマンドのノウハウを一気に習得することが出来る。

「サンプル・コマンドを使うことに慣れていない。」

安心してください。

この解説全てを理解出来なくても、解説通りに沿って入力していくことで、すぐに仕組みを理解することができます。

また、一度設定した擬似シンク方法で使われる、サンプル・コマンド何度も入力することはないので、この方法を知り得ることにより、1小節分ループサンプルBPMを変動させても自由”ループ・サンプル素材”速さ調節することが可能になります。

この方法を覚えて、どんどんサンプル素材を使い込みましょう!

STEP1: Song Options・ハイライト設定変更、ロードサンプルの確認

Renoiseを起動します。

実際に入力する打ち込み内容を確認しやすくするために、
“Song Options” の設定を変更します。

“Song Options” “ハイライト設定”は任意です。
この設定自体では入力内容が直接的に変化することはありません。

LPBの数値を “16” で行う場合、この設定を変更することで、16分音符(4ライン分)毎 “ハイライト線” が敷かれるため、16分音符での直感的な入力に適してます。

以下の2つの手順で設定の変更を行ってください。

“メイン・メニューバー” -> “Songメニュー” -> “Song Options” の順で開きます。

ソングオプションズ

“Song Options”パネルを開いたら、“Highlighting & Default”の設定、“Highlight every xx lines”プロパティを、“LPB”から“4 line”に変更します。

ソングオプション

ハイライトの変化: “LPB(適用前)” の状態。

  • Highlight every xx lines”のプロパティが “LPB” であると、1拍分としてハイライトが適用されるため、発音の整理が難しい。
LPBから4へ

ハイライトの変化: “4 line(適用後)” に変更後、
ハイライトされる箇所が増える。

  • “4 line” に適用後、4ライン毎(16分音符単位)にハイライトが増え、発音の管理がしやすい。
ハイライト

スポンサードサーチ

STEP2: サンプルのロード

今回はRenoiseに同梱されている、ループ・サンプル素材を使います。

  • Renoiseディスク・ブラウザパネルから、
    Songs | Instr. | Samples | Other “Samplesタブ” を開きます。
  • “Renoise/V3.2.2/Library/Samples
    /Breaks/SM101_brk_animal break_140bpm”
    を、ダブルクリックでロードして読み込みます。

”SM101_brk_animal break_140bpm”

今回使用するサンプル

今回はこちらの“ループ・サンプル素材”を使用して解説していきます。

気付かれた方も多いと思いますが、

”SM101_brk_animal break_140bpm”

こちらのループ・サンプル素材には素材名の後ろに、
確りと “140bpm”表記されていますよね。

  • もしあなたが、Renoise現在制作している楽曲BPM(テンポ)が、
    BPM(テンポ): 140 であれば、そのまま入力をしてもループ・サンプル素材テンポRenoiseテンポ(BPM)崩れて再生される事はありません。
  • ですが、大半の場合、Renoise側BPM(テンポ)に、「”擬似シンク方法”」 を使ってループ・サンプル素材テンポ(BPM)合わせる必要があります。
  • 「”擬似シンク方法”」適用することで、ループ・サンプル素材に設定されたBPM限定することなく、Renoise側自由BPM指定可能になるため、
    まるで “タイムストレッチ効果” のような擬似的な再生が可能になります。

「”擬似シンク方法”」、の一番のメリットは、
ループ・サンプル素材BPM(テンポ)が判らなくても、
即座にRenoiseBPM(テンポ)と連動させられる。

オクターブ設定の変更

Renoise画面上部 “トランスポート・コントロール(コントロール・パネル)” にある、”Oct(オクターブ設定)”数値を、数字 “4” に設定してください。

これは、先ほど “ディスク・ブラウザパネル” から読み込んだ “ループ・サンプル素材” を、PCキーボードを使い通常の速度で再生するために必要となります。

必須の設定ですのでお忘れなく。

小節の長さを確認する

ループ・サンプル素材小節数を測ります。

インストゥルメント・セレクター画面から、“小節の長さ(小節数)”“確認したいループ・サンプル素材”に、マウスカーソルを合わせます。

”SM101_brk_animal break_140bpm”

今回は先程、ロードして読み込んだ、こちらの“ループ・サンプル素材”小節数(小節の長さ)を測ります。

ループ・サンプル素材

【ポイント】
大抵の場合ですが、“ループ・サンプル素材”は、長くて8小節分または4小節分2小節分短くて1小節分、さらに短いと2拍分小節の長さ(小節数)である可能性が多いです。

ロードしたサンプル小節の長さ(小節数)を、この後に解説する “小節の長さの確認方法” を使い確認しましょう。

小節の長さの確認方法

パソコンのキーボード“Zキー” を押して、再生しながら、「”SM101_brk_animal break_140bpm”」、のサンプル小節長さ(小節数)測る確認方法をご紹介します。

先に、この “ループ・サンプル素材” “何小節分” であるのか、答えを言います。

4小節です。

声に出して測る方法: 「”うんちゃ”」

4分の4拍子を、「”うんちゃ”」“声に出しながら測る”シンプルな方法で行います。

“うん”(1拍目が経過)“ちゃ”(2拍が経過)を取ります。

この「”うんちゃ”」2回連続で重なると1小節分になります。

  • うんちゃうんちゃ | うんちゃうんちゃ | うんちゃうんちゃ | うんちゃうんちゃ

今回の“ループ・サンプル素材”では、「うんちゃ、うんちゃ」が、4回連続で?重なりましたね?

このことから、この “ループ・サンプル素材”4小節である事が確認できました。

  • 今回は、4小節分長さ“ループ・サンプル素材”を使用する前提で解説を進めていきます。
  • 32小節分16小節分8小節分2小節分1小節分、この長さであれば、同じ要領を使って、「”擬似シンク方法”」適用する事が出来ます。

それでは次の行程に移ります。

STEP3: サンプルの分離

☑️前の行程で、サンプル長さが確認できました。ここからは、
4小節分長さサンプルを、最終的1小節分カット小分けにする行程となります。

注意

  • もしあなたが既に他のサンプルを使用していて、“STEP1”の行程で“1小節分”“ループ・サンプル素材”と確認が取れた場合には、今回の “ステップ2”行程必要がないので “ステップ3” に進んで下さい。
  • また2小節分“ループ・サンプル素材確認が取れた方のみ、このSTEP2から行ってください。

①”サンプル・エディター画面”を開きます。

②”スナップツールボタン(Snap)”オンにします。

サンプル・エディター画面内設置されている ”スナップツールボタン(Snap)”オンにします。

“Snap” は、この後に設定する目盛を基準にグリッドをしてくれる機能です。

OFFの状態

スナップ・ツール

ONの状態

③“0S Effect“を選択します。

”スナップツールボタン(Snap)”横側に設置されている選択メニューを開き、9つドロップダウンメニュー内から、上から2番目“0S Effect“選択します。

ゼロエスエフェクト

“0S Effect”を設定することで、サンプル・エディター波系画面上部の目盛が変化します。

サンプル・エディター波系画面上部の目盛の変化(画像)

メモリ
  • ”0S Effect” は、今回の行程必要になる、1小節分落とし込むため必要になる、重要な目盛となります。

④”0S Effect”目盛注目

”0S Effect”目盛を使いサンプル素材波系上部にある目盛に注目します。

4小節分のサンプルの長さである事を再度確認して下さい)

”00~F0”目盛がある中で、中央目盛“80”ポインタ(もしくは右クリック)でクリックをし、お使いのPCのパッドマウスホイール”ズームイン” して下さい。

【ポイント②】
この中央の目盛である “80” となる部分4小節内の3小節目先頭となります。

⑤”0S Effect”目盛 “80” 、ぴったりにカーソル合わせます

右クリックを離さずに、右方向にスライドを移動し範囲選択部分を広げます。

目盛ハチゼロ

【選択部分に注意】

  • “モノラル波形” or “ステレオ波形”2つ波形の種類があります。
  • 「“ステレオ波形”」 の場合、片方チャンネルのみカットしてしまわないようにカーソル“L・左チャンネル”(波系上部)“R・右チャンネル”(波系下部)とある 「“上下の間の中央から右に移動し選択範囲を広げる”」 ように注意しましょう。
カーソルNG カーソルOK

“⑥少し広げ終えたら、お使いのPCのパッドやマウスで ”ズームアウト” をしてください。”

ズームアウト

“範囲選択部分”右端カーソルあてる←→(下図) の様なポインタ変化します。

右横まで一気に広げる

このポインタを使いサンプル右端まで一気に選択範囲を広げましょう。

2小節分

“2小節分”範囲選択が選択されたので、こちらををカットをします。

カット

サンプル・エディター画面での選択範囲カットキーボード・ショートカットキーはこちらです。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “X”
  • Mac: “Command”を押しながら “X”

【ポイント③】
冒頭でも申し上げたとおり、”0S Effect” “目盛: 80” は、今回の “ループ・サンプル素材” では、元のサンプルの長さ4小節分であるため、 “3小節目の頭” にあたります。

⑨ “インストゥルメント・セレクター” 空きスロットを増やす。

プラス

“インストゥルメント・セレクター” に、マウスカーソル右クリックして持っていきます。
“+(スロット追加・プラスマーク)” を押して、元のループサンプル素材から、1つ分空けて、先ほどカットした2小節分範囲選択分を、ペーストします。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “V”
  • Mac: “Command”を押しながら “V”

現在、2小節分サンプル2つ分離しました。

2つの種類2小節分サンプルを、さらに1小節分小分けに分解します。

再び、先程のからまでの行程と同じ要領を使い、
今度は、“2小節分”カットしたサンプルを、さらに1小節分小分けに分解し、
全部“4種類分”1小節分サンプルパターン用意します。
(2小節分の方は2種類分となります)

サンプル中央80(ハチゼロ)が今度は2小節分のうちの、2小節目先頭となります。

80(ハチゼロ)を基準に“1小節分”に、それぞれカットをします。

“前半”“2小節分”“1小節分”カット

  • ”0S Effect”目盛を使いサンプル素材波系上部にある目盛“80(ハチゼロ)ズームイン
  • 中央目盛“80(ハチゼロ)”クリック
  • 右方向少しスライドを移動し範囲選択部分を広げます。
  • 少し広げ終わったら、”ズームアウト” をしてサンプル右端まで選択範囲広げ切ります

1小節分範囲選択している状態で、カットをします。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “X”
  • Mac: “Command”を押しながら “X”

先ほどの、行程“インストゥルメント・セレクター”“+(スロット追加・プラスマーク)”押して開けていた“前半2小節分”と、“後半2小節分”スロットに、“前半”“2小節分”“1小節分”カットした選択範囲部分ペーストします。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “V”
  • Mac: “Command”を押しながら “V”

を押してペーストを実行します。

“後半”“2小節分”“1小節分”カット

今度は後半2小節分1小節分カットし、その1小節分選択範囲部分インストゥルメント・セレクター画面3小節目(3パターン目)“直下”ペーストします。

  • ”0S Effect”目盛を使いサンプル素材波系上部にある目盛“80(ハチゼロ)ズームイン
  • 中央目盛“80(ハチゼロ)”クリック
  • 右方向少しスライドを移動し範囲選択部分を広げます。
  • 少し広げ終わったら、”ズームアウト” をしてサンプル右端まで選択範囲広げ切ります

1小節分範囲選択している状態で、カットをします。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “X”
  • Mac: “Command”を押しながら “X”

“インストゥルメント・セレクター画面” から2小節分1小節分にした後半3小節目にあたる元の3パターン目クリックします。
“+(スロット追加・プラスマーク)” を押します。
追加され増えたスロットに、先程カットした1小節分を、ペーストします。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “V”
  • Mac: “Command”を押しながら “V”

を押してペーストを実行します。

以上で先程まで4小節分“ループ・サンプル素材”であった“4小節分”“1小節分ずつ”小分け分離されました。

スポンサードサーチ

STEP4: パターン・エディター入力

パターン・エディターに戻りましょう。

パターン・エディター

パターン・エディター画面内“下部分(パターン・ツールバー / パターン・コントロール・パネル)”に注目してください。

パターン・ツールバー

最初に、実際にパターン・エディター画面内入力を行うための補助的準備をしていきます。

エディット・ステップ設定(ステップ入力)と呼ばれるプロパティ数値を変更します。

【ステップ入力とは】

  • エディット・ステップ設定で指定された数値に基づき、パターン・エディター画面内入力を行う際に、
    その指定した数値の分だけ自動的ジャンプして入力をしてくれる便利な機能です。

今回の解説では、

サンプル自体の入力、あわせて0Sxxサンプル・コマンド“2ラインずつで配置” を行います。

ですので、“エディット・ステップ設定”プロパティ数値を、数字“2”設定する必要があります。
他の数値設定されている場合、変更する必要があります。

ここで、エディット・ステップ設定プロパティ数字変更する為の便利なキーボード・ショートカットキーを覚えておきましょう。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “キーボードの数字の2(指定したい数値)”
  • Mac: “Command”を押しながら “キーボードの数字の2(指定したい数値)”

このショートカットキーを実行する事によって、エディット・ステップ設定プロパティ数値が、数字“2” に変更されたかと思います。

エディット・ステップ変更

“エディット・ステップ入力”を使って、サンプル入力しよう。

それでは、先ほどの4種類サンプル1種類目を、エディット・ステップ設定を使い、2ラインずつで入力していきます。

インストゥルメント・セレクター画面で先ほど、“1小節分”小分け分離したサンプル1番最初パターンをカーソルで選択します。

“ESCキー”を押して入力モード起動します。
エディット・モードオン
Zキー長押しし、ラインナンバー62まで入力して下さい。
ラインナンバー

繰り返し、後の3種類同様に入力します。

【ショートカット】

ここで、“F13キー”がある方、限定となりますが、便利なキーボード・ショートカットをここで紹介します。

  • SHIFTキーを押しながら “F13キー”を押します。(Mac, Windows共通)
  • ・するとパターン・ツールバー(パターン・コントロール・パネル)の、“パターン・ラップ・モード”ONになります。

OFFの状態

パターン・ラップ

ONの状態(ボタンが点灯する)

パタラオン

このショートカット機能は、1つパターンエディター画面内で、最後まで入力をし終えたら
自動的次のパターンの先頭遷移してくれる機能です。

すなわち今回の場合、パターンの最後まで1種類目1小節分入力し終えたら、パターン・マトリックスを使って入力をする空のパターンに、わざわざ切り替えをしなくてもインストゥルメント・セレクター“2種類目のパターン”“3種類目のパターン”切り替えをするだけで、入力スムーズに行えることになります。

この要領を使い、インストゥルメント・セレクターで4種類の1小節パターンを切り替えながら、全ての1小節分の種類のパターンを入力していきます。

入力完了

4小節目(ラインナンバー62)最後まで入力が終わりましたら、再び“SHIFTキー + F13キー“を押して“パターン・ラップ・モード”解除をして下さい。

(この状態に戻して下さい)
パタラオフ

エフェクト・コラムの入力

・続いて、エフェクト・コラム入力編集になります。
(筆者はFXレーンと呼びますが、正式にはエフェクト・コラムです。)

エフェクト・コラムでは、4つカラムから成り立つコマンド実行できます。

・今回は“サンプル・コマンド”である、”0Sxx(trigger sample slice number xx or offset xx)”入力します。

0sxxコマンド

・まずは、再びエディット・ステップ設定数字 “2” である事を確認し、
左から二番目カラムを使い、「“Sコマンド”」を下図の様に、
「”2ラインずつ”」1小節分(ラインナンバー62まで)入力します。

エフェクト・カラム

入力を終えたら、パターン先頭に、マウスホイールパッド・十字キーを使って戻りましょう。

④十の位を変更していきます。

・次に左から3番目カラム00、こちらの十の位に、16進数を使い、
“0からF(0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, A, B, C, D, E, F)”までを、2つずつ、2ラインずつで、“ラインナンバー62”まで、ステップ入力をします。

0Sエディット
  • 00, 00, 10, 10, 20, 20, 30, 30, の様に ”十の位のみ”2ラインずつ入力します。

・最後まで入力が出来ましたでしょうか。エディット・ステップ設定で数字の“2”での入力は以上となります。

⑤一の位を変更していきます。

エディット・ステップ設定数値ショートカットキーを使い、数字“4” に変更します。

エディットステップ4
  • Windows: “Ctrl”を押しながら “キーボードの数字の4”
  • Mac: “Command”を押しながら “キーボードの数字の4”

・この工程では、現在“十の位”“0からF”を使い“2ラインずつ”埋め合わせをしている、“0Sxx(サンプルコマンド)”中間、00, (“00”), 10, (“10”), 20, (“20”) を、一の位を使用し数字“7”入力補間していきます。

  • 変更前(before): 00, (“00”), 10, (“10”), 20, (“20”)
  • 変更後(after): 00, (“07”), 10, (“17”), 20, (“27”)

このように、 “4ラインずつ刻み”数字“7”入力する必要があります。

パターン・エディターエフェクト・コラム先頭(小節先頭)から、矢印カーソルまたはマウスPCパッドを使用し、“2ライン分(32分音符分)”下(した)移動します。

32分音符分下に移動

エフェクト・コラム(”右端”) “0Sxx” の、一の位(0Sx “x”)移動しましょう。

・再度、エディット・ステップ設定数値“4”設定されている事を確認しましょう。

数字“7” を、“Zキー長押し”をして、1小節分(ラインナンバー62まで)”0Sx7″を配置しましょう。

0Sx7
  • 1小節目はこれで、BPMに合わせて綺麗に“ループ・サンプル素材”速さ連動されている事がわかります。
  • スペースキー(再生)を押して確認してください。1小節目擬似シンク適用完了しました。

全ての小節「”擬似シンク(エフェクト・コラム)”」を適用しよう。

1小節目 “エフェクト・コラム(擬似シンク)” 先頭に移動します。

マウスカーソル1小節目エフェクト・コラム(擬似シンク)選択し、パターン・エディター最後まで、範囲選択します。

範囲選択完了

・次に範囲選択された、エフェクト・コラム(擬似シンク)コピーします。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “C”
  • Mac: “Command”を押しながら “C”

コピーをしたエフェクト・コラム(擬似シンク)を、Renoise“パターン・マトリックス画面(左側)”を使い、他の小節切り替えをしながらペーストしていきましょう。

  • Windows: “Ctrl”を押しながら “V”
  • Mac: “Command”を押しながら “V”

検証

・実際に、RenoiseBPMと、 “ループサンプル素材”“テンポ(BPM)の速さ” が、合わさっているかどうか確認をします。

トランスポート・コントロール(Renoise画面上分)にある、BPMプロパティを、今回は試しに、BPM: 300(お好きな値でも可能です)に設定しましょう。

トランスポート・コントロールにある、メトロノームONにして確認してみましょう。

・ここで、ループサンプル素材の速さがRenoiseBPM一致して連動し崩れていないことを確認します。

これでついにBPMとの擬似シンクが完成しました。大変お疲れ様でした。

応用エディット

RenoiseのBPMに、今回ご紹介した「”擬似シンク(サンプル・コマンド)方法”」を使って、連動させた“ループ・サンプル素材”リズムを、アクロバティック変化させる方法YouTube版解説しています。

もしよろしければご覧下さい。

【YouTubeでの解説動画】

いかがだったでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆者: Maya