LPBの数値を16に設定する【メリット】

Renoise Settings

こんにちは、ルノです。

私についてざっくりと自己紹介をさせていただきます。

  • DTM歴7年目(2013年から)
  • 2019年10月、ドイツ・ベルリンに開発拠点を置くRenoise公式アーティストに認定
  • 現在は、サウンドプロデュース業を中心に活動をしている。
  • その他Renoiseでの操作方法や技術を発信しつつ、メンター業も並行して行っている。

スポンサードサーチ

この記事を読むことで得られるもの

LPBの理解を深め、LPBの数値が16である場合、Renoiseの制作でどのようなメリットがあるのか知り得ることが出来る。

  • Renoiseでは楽曲制作を効率良く行うためにパターン・マトリックス画面内で、展開をスムーズに増やす “ブロックの複製” が重要になってきます。
  • そのためには、LPBとは何かを知り、またLPBの数値“16” に設定して制作を行うことが必要となります。

LPBの数値が16である理由

楽曲を素早く作り上げるためには、1つのパターン(マトリックス・ブロック)を、1小節分にして管理することが適切です。

そのためにはLPB(ライン・パー・ビーツ)の値を “16” に設定することによって、パターン・エディター画面内を、
“1小節分のサイズ” に変更することが可能となります。

同時にこれは、パターン・マトリックス画面1つのパターン(マトリックス・ブロック)が、 “1小節分で管理されること” となります。

スポンサードサーチ

LPBとは

LPB(Line Per Beats: ライン・パー・ビーツ)は、Renoise特有の数値であり、1拍分プレイカーソルどれくらいの長さで進むのかを設定する項目です。

“LPB16” の仕組み

もしLPBの値が “16” である場合、それはRenoise1ライン(1つのレコード)“64分音符” に相当すると考えてください。

“LPB16” における “64分音符” のあり方

「64分音符は、非常に短い発音の音符です」

64分音符

この64分音符である1ラインが、
16ライン分に積み重なり1拍となります。

  • 64分音符4個あると16分音符
  • 64分音符16個分、すなわちそれは16分音符4個分重なり合わさる事と等しくあり、“1拍(すなわち4分音符)” となります。

🟧オレンジ色の “1ライン(1レコード)” が64分音符です。

64分音符と1拍

パターン・エディター画面内初期ライン数は、“64ライン” である。

Renoiseを初めて起動したら、

パターン・エディター画面のライン数が、初期値・64ライン(10進数表示, HEX表示の場合は40)

となっていることを確認して下さい。

ライン数64

LPBが16の場合、“64ライン” で換算すると
“1小節分の長さ” になる

“1拍(4分音符・16ライン分)” は、パターン・エディター画面内ライン数である “64ライン”ちょうど、
“4分割・4拍分で埋め尽くすこと”
が出来ます。

1拍

まとめ

  • LPBの数値が “16” であること。

  • ライン数(パターン・エディター画面内)“64ライン(初期値)”であること。

この2つの要素を持ち合わせることで、パターン・エディター画面内は、”1小節分” のサイズとして機能します。

また、LPBを16 で設定することで、
パターン・マトリックス画面の、1つの “マトリックス・ブロック”は、1小節分で機能する事となります。

パターン・マトリックス画面とは

パターン・エディター画面で入力した情報を、RenoiseのUI左パネルに設置されているパターン・マトリックスブロックを使い管理する画面です。

パターン“ブロック単位” で管理することで作業効率化を図れます。

スポンサードサーチ

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ブロックを効率良く管理しながら、パターン・マトリックス画面で構成を考えるのなら、 “LPBは16” にした方が良いかもしれませんね。